大切な家族の為のペット供養

大きめの動物のペット供養

大きめの動物のペット供養 もし大切なペットが亡くなってしまった場合、ペット供養の手配をしなけばなりません。
ですが、亡くなったペットの大きさによっては葬儀を行ってくれない会社もあります。
近年では猫カフェがオープンしていることから分かるように、ペットとして猫を選ぶ人も増えています。
若者を中心に人気のSNSに写真を載せられるように、愛くるしくて可愛げがある猫、また犬でもチワワ、ポメラニアン、豆柴、ダックスなどの小型犬が人気傾向にあります。
しかし、ペット供養をする際には、人間と同様に火葬をしなくてはなりません。
火葬するやり方も人間と同じで、大きな焼却炉に入れて密閉し、灰になるまで燃やします。
しかし、ペット供養可能な場所に設置してある炉は小型~中型犬対応になっているタイプなので、大きなサイズの動物は入らないので、断られることがあります。
大きなサイズの動物と言えば、犬であれば、ゴールデンレトリバー、セントバーナード、ドーベルマン、シェパード、秋田犬です。
大型犬等の大きなサイズの動物をペットにしている場合でも会社によってはペット供養が出来ますので、まずは相談してみてください。

業者によってペット葬儀に対応できる範囲は違う

業者によってペット葬儀に対応できる範囲は違う ペットは家族と同じで大切な存在ですから、亡くなってしまった時にはきちんとお見送りをしてあげたいと思う飼い主も多いのではないでしょうか。
ペット供養をおこなってくれる業者は増えてきているのですが、そのサービスは業者によって違いますので、どのようなペット供養をしてくれるのか、火葬や埋葬についてどういった対応ができるのかといったことを事前に調べておくとよいでしょう。
自治体にお願いする場合は、配慮してくれて遺骨を返してくれるというところもありますが、基本的にはゴミと同じように扱われてしまうことが大半です。
ペット供養をするのであればきちんと葬儀をしてくれて火葬、埋葬と人と同じように扱ってくれる民間の業者を選ぶときちんとお見送りをすることができます。
またペット用の斎場を持っているところや出張で自宅まで来てくれて、専用の車で火葬してくれるというサービスをしてくれるところもあるので、プランをよく知ってペット供養をしてあげましょう。

新着情報

◎2018/8/6

棺桶の種類や特徴とは
の情報を更新しました。

◎2018/6/1

お墓に入ってもらうペット供養
の情報を更新しました。

◎2018/4/3

ペット供養に必要な準備
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

最新のペット供養事情
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

大きめの動物のペット供養
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイト公開しました

「ペット 葬儀」
に関連するツイート
Twitter