大切な家族の為のペット供養

ペット供養を依頼できる動物は?

ペット供養を依頼できる動物は? ペット供養はどんな種類の動物でも、受け入れてくれるのでしょうか?例えば小さな魚や爬虫類、昆虫や大型犬など最近はペットの種類も多様化しているのが特徴なので、一般的でないペットは受け入れてもらえるのか不安になりますね。
ではペット供養会社では、どのような対応をとっているのかというと、多くの場合「愛玩動物」いわゆるペットとして飼われていた動物は、基本的に供養の依頼が可能です。ですので大型犬からイグアナ、熱帯魚まで供養してもらうことが出来ます。
では逆に、ペット供養の依頼ができない動物はというと、ペットとして飼われていなかった動物、つまり家畜や動物園などで飼育されていた動物たちです。家畜は伝染病予防のため専用の火葬場で火葬されることが一般的です。
しかし豚や馬をペットとして飼っていた場合はその例外で、供養をお願いすることができます。ただ馬などの大型獣を火葬出来る施設を持っている業者は少ないので、多くの場合埋葬することになります。基本的にはペットショップで取り扱いのある動物は依頼出来るので、多くの場合ペット供養をすることが可能です。

ペット供養業者の対応範囲をチェック

ペット供養業者の対応範囲をチェック ペットが亡くなった時に火葬を自治体に任せるのではなく民間のペット供養業者に依頼する方も多いのではないでしょうか。しかし、業者ごとに対応範囲が異なるので事前にしっかりと確認することが大切です。
民間のペット供養業者には専用の火葬施設や斎場の設備のある業者もあれば、火葬炉が備わった車で訪問してペットを引き取り火葬してくれる業者もあります。火葬施設や斎場の設備のある業者なら人と同じように葬儀や供養を行うこともできます。納骨までしてもらえ定期的に法要を行っているところもあります。
一方、訪問してペットを火葬してくれる業者の場合は、自宅まで来てくれるために健康上の理由などで移動が困難な方にとっては有り難いサービスです。ペット仲間に声をかけてみんなでお見送りすることもできます。ただし、ペットの大きさによっては火葬できないときもあるので注意が必要です。
このようにペット供養業者によって対応範囲が異なります。何ができるのか、どこまでできるのかを事前に確認して、自分にあったペット供養業者を選ぶことが大切です。

新着情報

◎2018/8/6

棺桶の種類や特徴とは
の情報を更新しました。

◎2018/6/1

お墓に入ってもらうペット供養
の情報を更新しました。

◎2018/4/3

ペット供養に必要な準備
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

最新のペット供養事情
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

大きめの動物のペット供養
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイト公開しました

「ペット 動物」
に関連するツイート
Twitter