大切な家族の為のペット供養

ペット供養にかかる期間はどのくらい?

ペット供養にかかる期間はどのくらい? 長い間一緒に暮らしたペットを看取るのはとても悲しいことです。しかし、手厚くペット供養をしてあげることで、飼い主の最後の責任を果たしましょう。
ペットを亡くしたら、ペット専門の葬儀を行ってくれる業者やお寺に連絡をして指示を仰ぎましょう。最近では24時間無休で火葬を受け付けてくれる業者もありますので、飼い主の都合のいい日を選んで火葬することが可能です。当日、もしくは翌日には火葬することが望ましくなりますが、腐敗に気を付けて数日安置する飼い主もいます。ペット供養の期間は火葬から納骨まで一日というのが定番です。
火葬後遺骨を引き取ることも可能です。合同納骨にした場合は、納骨の日にちが決まっており最長1カ月ほど待つこともありますが、全てスタッフに任せることができるので心配はいりません。祭壇葬儀やお通夜などを行いたい場合は業者と相談して日取りを決めましょう。
どれだけ時間をかけるのかも飼い主の意思次第となります。

ペット供養も動きは迅速に!

ペット供養も動きは迅速に! あなたにとっては家族同然のペットたち。死んでしまったときにはペット供養をお願いしましょう。
人間だと亡くなられるとすぐにお通夜・お葬式という流れになります。身内が亡くなった場合、ちょっとした用事だと放り出して葬式を優先させ最期のお別れをするのが通例となっています。
ペット供養も動きは迅速な方がよいです。保冷剤で冷やしたりしてある程度は安置時間を伸ばすことはできるとはいえ、夏場だと特に腐敗は進みやすいです。大切なペットとのお別れはかなしくて嫌なことでしょうが、ペットたちとしても飼い主に死んで醜くなっていく姿を見せたいとは思っていないはずです。動物によっては死ぬちょっと前に自身で飼い主から姿を隠すようなペットたちだっているくらいです。
いざというときにすぐに供養してやれるように、日頃から専門の業者を調べておいてあげましょう。まだきれいな状態で家族全員できちんとお別れし、その後も供養してあげるようにしましょう。

新着情報

◎2018/8/6

棺桶の種類や特徴とは
の情報を更新しました。

◎2018/6/1

お墓に入ってもらうペット供養
の情報を更新しました。

◎2018/4/3

ペット供養に必要な準備
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

最新のペット供養事情
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

大きめの動物のペット供養
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイト公開しました

「ペット 責任」
に関連するツイート
Twitter